メーカー タカラ映像

この女性が僕の初めての女性になる人…当時僕は何かしら理由をつけては友達の家に遊びに行っていた。きっと彼女に逢いに来たいだけだったんだと思う。若い時に出産したらしく、とても綺麗でこの頃の僕には凄く刺激的だったんだ…。

娘夫婦の元へ久方振りに現れた義母は今日も変わらず妖艶だった。最近夜の営みが女房とご無沙汰な旦那は無意識に義母の下着で自慰を行なっていると…。

正直私の方が彼女に夢中でした…人妻と言う事も有るのでしょうか?本当に彼女は色っぽくそして性欲が尽きる事が有りませんでした…あの日から殆ど毎日と言っても良いくらいに彼女と行為をしていました…。

私の発注ミスで会社に大きな損失を出してしまいました…クビも覚悟していたのですが上司が庇ってくれました…あの時は神様の様に見えました…しかし裏では妻が愛人…いえ性処理の道具として相手する事…そんな契約が結ばれていたのです…私だけが何も知らぬまま出張に行っ...

美人で仕事出来る女と評判高い鈴木さん。仕事に厳しく新入社員だった僕もよく怒られていた。しかしちょっとした時の表情や仕草が可愛くて僕は彼女ことが好きだった。あれから数年経ち僕は鈴木さんとの新規プロジェクトを行うことになった。僕は鈴木さんに褒めてもら...

女性経験が全く無く、魔法使い…なんて呼ばれる年齢になってしまった僕だが、美しく優しい叔母さんが僕を男にしてくれたんだ。

バツイチの俺は数年前若くて気立てが良い今の妻と結婚した。順風満帆な筈だった。付き合っている時はわからなかったが、妻は金遣いが荒く、遊んでばかり、最近は俺を蔑ろにしている。当たり前だが夜の生活は皆無だ。家に帰っても居場所がなく俺はこの先どうするか悩...

親父が亡くなって数年、外に出たがらない母だったが、ようやく落ち着いて来たのだろう、僕たち夫婦の新居に遊びに来てくれた。母の元気そうな顔を見た息子は安堵した。息子は偶然母の入浴を見てしまう。顔に似合わぬ黒々とした陰毛。息子は母の裸体に興奮してしまっ...

この女性が僕の初めての女性になる人…当時僕は何かしら理由をつけては友達の家に遊びに行っていた。きっと彼女に逢いに来たいだけだったんだと思う。若い時に出産したらしく、とても綺麗でこの頃の僕には凄く刺激的だったんだ…。

前妻織江と離婚したのは数年前、結局自分が大人になれず織江と別れるしかなかった。あれから私は再婚し年下の妻と暮らしている。しかし妻とはセックスレス。今頃になって織江との結婚生買うの事ばかり思い出すようになってしまった。そんな折、偶然織江と再会してし...

ハッキリ物を言う漢気あるタイプの上司、田所さん。周りはキツイ女性と思っているが、僕はそんな田所さんが好きだし憧れていた。遂に念願叶い田所さんと同じプロジェクトを任された。しかし中々上手くいかない。そんな時田所さんに誘われ居酒屋へ。色々話していると...

妻の母は年齢を重ねていても美しく優しく魅力溢れる女性だった。そんな人が身近にいて不埒な下半身が我慢できるはずは無かった。

私は…一般の女性と比べるとかなり性欲が強いのかも知れません…そしてかなりの変態なのかも知れません…ひとりでいる時オナニーをするのが日課だった私の姿を義父に見られ正直興奮しました今日は義父に抱かれる事も覚悟していたのですが義父は義父で変わった性癖を持っ...

父が亡くなり1年。法事のため帰省した私たち夫婦。母の元気な姿に安堵した。母との会話中早々に席を立ち妻は近くにある自分の実家に帰って行った。私は母に自分のせいで妻と上手くいっていない事を伝えた。ちゃんとしなさいと叱る母。そんな母の口元は妙に艶やかで目...

田舎で働く僕は真面目が取り柄の冴えない男。彼女いない歴30年でもちろん童貞。そんな僕に急に会社から辞令が出て都会に行くことになった。社員寮もなく、物件もあてがない。悩んだが、同じく都会で暮らす叔母成子さんを頼り物件を探すことにした。しかし中々良い所...

妻の実家に久しぶりに里帰り。義父母は大変喜び迎え入れてくれた。お茶を頂きながら話していたが、義父母から妻へ子供はまだ?の質問から空気が一変。妻はひとり席を立ってしまった。そこで僕は妻とのセックスレスを告白し、なんとも言えない空気が漂ってしまった。...

この女性が僕の初めての女性になる人…当時僕は何かしら理由をつけては友達の家に遊びに行っていた。きっと彼女に逢いに来たいだけだったんだと思う。若い時に出産したらしく、とても綺麗でこの頃の僕には凄く刺激的だったんだ…。

この女性が僕の初めての女性になる人…当時僕は何かしら理由をつけては友達の家に遊びに行っていた。きっと彼女に逢いに来たいだけだったんだと思う。若い時に出産したらしく、とても綺麗でこの頃の僕には凄く刺激的だったんだ…。

私達夫婦はある事で悩んでいた。そんな最中突然の義母の来訪に驚く私。すると奥から妻が少し寂しげな顔で現れた。妻はあることをお願いする為に義母を呼んでいた。妻は自分が不妊症であることを告げ、代理出産をお願いできないかと義母にお願いした。義母は驚き私に...

田舎ぐらしの僕は友達もおらずましてや彼女などいない。そんな僕は急な転勤で都会に住まなくてはいけなくなった。社宅もなくツテもない僕は困ってしまっていたが、親せきのまゆみ叔母さんが新居が見つかるまで居候させてくれることになった。まゆみ叔母さんは昔から...

ページトップへ

ページトップへ


ページトップへ