出版社 松文館

植民惑星エロームの少女・リゼア。子宮に「フランケオナイト」という起爆装置を埋めこまれて、彼女は太陽系帝国を目指すことになった。だが、彼女を待ち受けていたのは、‘凌辱の化身’と化した地球人による浣腸責め、催眠剤、神経鞭、そしてレイプというおぞましいか...

人は死ぬ。死んだら、誰でも冥界という世界へと旅立つ。死後三十五日目に冥界の裁判官の閻魔大王と面会する。人間界での善人は極楽という楽しい世界に行く。悪人は地獄という恐ろしい世界に行き、永遠の苦痛を味わう。これは閻魔大王の1○歳になる三人娘たちの物語で...

やがて彼はあせりながらも、方法を変えたようです。カヨの両足を持って、開かせたのです。きっと彼には、カヨのその部分がハッキリ見えたかもしれません……。――高校を卒業し、叔父さんの紹介で東京の会社に勤めることになったカヨ。会社には男性社員ばっかりで毎日ド...

‘あっ、だめ、とんでもないことになった。夫に知れたら、ああ……’カヨは激しい動悸に耳が痛く感じ、坂口さんの手をふりほどこうとしたが、まるで吸いつかれたように離れない。‘どうしよう。どうしたらいいのだろう’カヨは惑乱しながらも、坂口さんのてのひらから刺激...

「おんなの四畳半」シリーズ。女のエッチなトークってすごく露骨なんです。今まで男性に内緒にしていた「ソレ」を思い切ってお話します。

「おんなの四畳半」シリーズ。結婚4年目の人妻が、大胆に語るセックス体験レポート!かつてない問題作!

ヤクザ組織・売野組組長である夫が何者かに殺された。夫の殺害を知った妻・芳子は、復讐を誓った。芳子の背中に彫り込んだ阿弥陀三尊と秘部に彫り込んだ地獄絵は彼女の熟した肉体を一層艶やかにみせる。ここが売野組のたたき時とみて、鉄砲玉を差し向けたのは、月夜...

人妻やモデルとの情事をネタに小説を綴る作家・三田村倶治。ある日、彼が心底入れ込んでいた人妻・坂崎彩子が何者かによって殺害される。殺害現場は、三田村と彩子のいつもの逢瀬の場所・面影坂ホテルであった…。あらぬ嫌疑をかけられ、警察にマークされ続ける彼は事...

尼僧・芳春が仏神に背き愛してしまった男は静岡の月夜傘一家・売野組組長であった。その時から彼女は美貌の姐さん・芳子となる。峻烈な極道世界の修羅、月夜傘一家はやがて分裂する。日を追うごとに激しさを増す内部抗争の中、組長・売野が殺害される…。芳子は非情と...

新興宗教「両妙宗」の教祖・八旗現太は、女の体を占う<妙孔尊観聞>という秘法と自らの隆々たる男根<妙棒尊>を使い、布教と称する自己の欲望の昇華のために日々勤しんでいた。アソコも欲もぶっ太い奴の前途は洋々かにみえたが…!?

千夏・19歳。彼女はヒョンな切っ掛けからボーイフレンドである父親・48歳と援●交際することに…。どす黒い性欲からくる嬲るような中年男のテクニックにうぶな肉体は翻弄され歓喜する…。

婦人警官・光枝は暴力団の組長に惚れ、組の姐さんとして生きる道を選んだ証として、女の秘部に大蛇の刺青を彫り込んだ。そして、組同士の抗争は、激しさを増し、ついには全面戦争に突入という局面であった。彼女が目の当たりにしたものはヤクザ世界の修羅と恐怖の実...

葬儀・霊園を主力産業にする総合商社・お参り商事の社長・参拝雲悟の次の野望は、宗教を商売にすることだった。美少女霊能者を教祖に仕立て上げた彼は、「観音の光」という教団を設立する。矢継ぎ早に奇抜なアイデアを取り込み、教団の勢力拡大は急速に進んでいった...

「おんなの四畳半」シリーズ。子供を連れてデパートに買い物にでかけた佳代。そこで、ある一人の男性に声をかけられ、再会の約束を交わす。

美少女が教祖の新興宗教団体「観音の光」総師・参拝雲悟。彼はビジネスも色事に関しても、並外れた実力を発揮する男だ。教団運営により莫大な利益を生み出す一方で日夜女を求めて渡り歩く絶倫ぶり。女と金。この男を狂わす二つを手に入れた雲悟が最後に手にしたもの...

新豊商事の総務部に勤める男・猿渡清彦。彼はまた九条寺流茶道の若宗匠という一面を持っている。女を手玉に取る能力と社長への徹底的な忠誠により、着実に現在の地位を築き上げた。そして、茶道の作法をセックスに取り入れる九条流性道という流儀を社の女性社員研修...

目黒佐和子、十○歳。彼女はヤクザに無理矢理ラブホテルに連れ込まれ、処女を奪われてしまった。奇しくも佐和子の父親もヤクザの親分でその呪縛から逃れたい一心で建設設計事務所に就職した。彼女は魔性的な言動を操り、会社の社長を翻弄する。その後、パチンコ店やラ...

葬儀・霊園を主力産業にする総合商社・お参り商事の社長・参拝雲悟。ライバル社に抜きん出た彼の商才は天下に響くがごとく、驀進を続けていた。そして、美人秘書たち相手に自慢の巨根を使って、酒池肉林の日々を送っていた彼であったが更なる野望に燃え、社運を賭け...

舞台監督・高木は、日々の精力的な売り込みによって類まれなる才能を持つ踊り子・聖子をトップスターに仕立て上げ成功を収める。しかし一方で、演技指導の範疇を越え、彼女の魅力的なカラダの虜になってしまった高木は仕事と愛欲の狭間のジレンマに悩まされていた……...

咲原渚・19歳。若さという女の武器を持つ彼女の大胆な告白調で展開する好奇心に満ち溢れた作品。作者の夢と希望を主人公に託した新機軸の官能ロマン長編。

ページトップへ

ページトップへ


ページトップへ